ケアプロストの通販でまつげ育毛!正規品を激安で購入できる!

ケアプロストは、通販で安く手に入ると人気のまつげ育毛剤です。まつげ育毛剤のジェネリック薬として、人気を集めています。

ケアプロスト(careprost)は日本国内には売っていない医薬品ですが、個人輸入の代行サイトで本物を購入できます。値段は安くても、確かな効果を持つまつげ育毛剤です。

では、正規品のケアプロストを購入できるおすすめのサイトを紹介していきます。ルミガンとの違いも説明します。ケアプロストの使い方や効果、副作用まで幅広く見ていきましょう。

ケアプロストの正規品を激安で買える通販サイト

ケアプロストを激安で購入したいなら、個人輸入を代行してくれる通販サイトを利用しましょう。

代表的な個人輸入の代行サイトは、以下の3つです。

  • あんしん通販マート
  • オオサカ堂
  • アイドラッグストアー

これらの通販サイトなら、正規品のケアプロストを激安で買えます。「偽物が混ざっている」「注文した商品が届かない」といった心配もありません。

では、それぞれのサイトの値段、メリット・デメリット、口コミなどを紹介していきます。

あんしん通販マート

あんしん通販マートは、値動きがなく安心して購入できるサイトです。値段は少しだけ高めの設定ですが、口コミも多く信頼できます。まつげ育毛剤のほかにも、品ぞろえが豊富です。

あんしん通販マートのケアプロストの値段
商品 個数(本) 値段(円)
ケアプロスト単品 1 2,180
2 3,597
3 4,938
5 7,535
7 10,213
アプリケーターセット 1+アプリケーター30本 2,680
2+アプリケーター60本 4,422
3+アプリケーター90本 6,070
5+アプリケーター120本 9,263
7+アプリケーター210本 12,555

※2019年4月現在の価格

激安とまでは言えませんが、値動きが全くないので、ケアプロストの値段も安定しています。

あんしん通販マートのメリット・デメリット
メリット
  • 郵便局留めができる
  • 値動きがない
  • コンビニ払い・ビットキャッシュ払いができる
  • 電話注文できる
デメリット
  • 値段が少し高め
  • 7000円未満の注文では送料700円

あんしん通販マートでは、郵便局留めに対応しており、コンビニ払いもできるので便利です。仕事が忙しい人でも、支払いや受け取りを柔軟に行えます。また、値動きもないので、「前買ったときより高い!」となる心配もありません。

しかし、元の値段設定が少し高いこと、7,000円以上は買わないと送料がかかってしまうことがデメリットです。

あんしん通販マートは、忙しい合間にすぐケアプロストを買いたい人、たくさんまとめ買いしておきたい人におすすめのサイトです。

ケアプロストの購入はこちら

オオサカ堂

オオサカ堂は、個人輸入の代行サイトのなかで、もっとも有名な通販サイトだと言えます。運営歴が長く、信頼できるサイトです。

また、同じ系列に「オランダ屋」というサイトもあります。オランダ屋とオオサカ堂は運営している会社が同じなので、値段や利用方法も同じです。今回は、オランダ屋は割愛して、オオサカ堂のみ紹介します。

オオサカ堂のケアプロストの値段
商品 個数(本) 値段(円)
ケアプロスト単品 1 1,755
2 2,563
3 3,434
6 5,525
アプリケーターセット 1+アプリケーター80本 2,162
2+アプリケーター160本 3,377
3+アプリケーター240本 4,655

※2019年4月現在の価格

「オオサカ堂が最安値!」と謳っているサイトも多く見かけますが、近ごろ値上がりがあったので、いまはそこまで安くありません。ただし、多くの人が使っている安心感はあります。

オオサカ堂のメリット・デメリット
メリット
  • 平均的な値段が安い
  • 送料が何円からでも無料
  • 郵便局留めができる
デメリット
  • 値段の変動が激しい(時には1,000円ほどの値上がりあり)
  • コンビニ・クレカ払いができない

オオサカ堂は、何円分の購入からでも送料無料なので、気軽に買い物ができます。また、郵便局留めが利用できるため、自宅で受け取れない人にも便利です。

しかし、値段がよく変動するので、同じ商品を買い続けていても、前回より高くなってしまう場合があります。また、現在はコンビニ払いやクレジットカード払いを受け付けておらず、銀行振り込みのみなのは不便です。

オオサカ堂の利用は、単品で1本だけ欲しい人、値動きを細かくチェックできる人に向いているでしょう。

アイドラッグストアー

アイドラッグストアーは、ケアプロストを激安で購入できるので注目です。2019年2月現在では、オオサカ堂よりも安くケアプロストを買えます。

アイドラッグストアーのケアプロストの値段
商品 個数(本) 値段(円)
ケアプロスト単品 1 1,680
2 2,480
3 3,380
アプリケーターセット 1+アプリケーター80本 2,180
2+アプリケーター160本 3,380
3+アプリケーター240本 4,680

※2019年4月現在の価格

アイジェネリックストアーでも、ケアプロストは近ごろ値上げがありました。とはいえ、最安値といわれるオオサカ堂よりも、安い値段で販売されています。

アイドラッグストアーのメリット・デメリット
メリット
  • とにかく安い
  • 日本の法人で電話対応あり
  • 後払い・コンビニ払いができる
  • 定期購入ができる
デメリット
  • 1,200円未満の注文では送料380円
  • 郵便局留めができない
  • 個人情報が流出した過去がある

アイドラッグストアーでは後払いを選択できるので、「お金を払ったのに商品が届かない……」というトラブルを回避できます。また、ケアプロストは継続して使う必要があるため、定期購入ができるのも便利です。

しかし、郵便局留めができず、日付指定もできないので、商品の受け取りは少し不便です。また、アイドラッグストアーは、10年ほど前ですが個人情報の流出が問題となりました。不正アクセスにより、クレジットカードの情報が流出した過去があるので、セキュリティ面では不安要素が残ります

とにかく少しでも安くケアプロストを買いたい人は、アイドラッグストアーを利用してみるとよいかもしれません。

ここで紹介した3サイトでは、正規品のケアプロストを購入できます。

それぞれのメリット・デメリットを比較し、自身にピッタリのサイトを選びましょう。

ケアプロストは楽天やamazonでは売ってない

ケアプロストを通販で買うなら、「なにも個人輸入の代行サイトを使わずとも、楽天やamazonで買えるのでは?」と思う人もいるでしょう。しかし、楽天やamazonでは、ケアプロストは買えません

その理由は、ケアプロストが海外の医薬品だからです。そもそも、国内の薬であっても、楽天やamazonで医療用医薬品は販売できません。医療用医薬品とは、原則として医師から処方を受け、患者が購入する薬です。そのため、医療用医薬品を手に入れるためには病院へ行く必要があり、通販でも購入できません。

さらに、ケアプロストの場合、インドの製薬会社で製造されています。このため、もともと日本では販売されておらず、個人輸入をする必要があるのです。

楽天やamazonで「ケアプロスト」と検索すると、アプリケーター(ケアプロストを塗るブラシ)が検索結果に出てきます。

ケアプロストそのものは販売されておらず、アプリケーターのみが販売されているので、騙されないようにしましょう。

ケアプロストを通販以外で購入する方法

個人輸入を代行してくれる通販サイト以外でも、ケアプロストを入手する方法はあるのでしょうか?残念ながら、簡単にケアプロストを買う方法は、個人輸入代行サイトの利用のみです。

日本の医療機関にケアプロストは無い

眼科や美容クリニックなど、国内の医療機関へ行っても、ケアプロストは処方してもらえません。つまり、「ケアプロスト」という商品が欲しいのであれば、個人輸入をするしかないのです。

クリニックではグラッシュビスタが処方される

クリニックなどで処方される薬は、基本はグラッシュビスタです。

グラッシュビスタは、ケアプロストと同じく、「ビマトプロスト」という有効成分が配合されたまつげ育毛剤です。国内で承認されているまつげ育毛剤はグラッシュビスタのみなので、こちらが処方されます。

ルミガンは自費での購入

また、美容クリニックなどでは、ルミガンを自費で販売しているケースもあります。

ルミガンもケアプロストと同じく、ビマトプロストが配合された薬です。眼科では、緑内障の治療が目的なら保険が適用されますが、まつげ育毛の目的では処方してもらえません。

グラッシュビスタもルミガンも、医療機関で買うと5,000円から20,000円ほどの費用がかかります。

ケアプロストを個人輸入するよりも、高額な費用がかかってしまうのです。

海外へ行って買うのは大変

個人輸入と言えば、自分で海外へ行ってケアプロストを買う方法もあります。これは、頻繁に海外へ行く人なら使える技ですね。

ネットで検索してみると、「ハワイやバンコクなら薬局で買える」というウワサもあります。ただし、これは実際に行ってみないとわかりません。特定の薬局で売っているのか、その地域ならどこでも買えるのかなど、その土地に詳しい人に確認してみましょう。

「たまたま海外へ来たから買ってみよう!」と思っても、ケアプロストを探し出すのは困難だと思います。

旅行のついでに探してみるのはよいと思いますが、ケアプロストを買うためだけに海外へ行くのはコスパが悪すぎます。

ケアプロストを手軽に購入したいなら、個人輸入の代行サイトが一番おすすめの方法です。

ルミガンとケアプロストの比較

通販で購入できるまつげ育毛剤として、ケアプロストとよく比較されるのがルミガンです。ケアプロストとルミガンの違いは、以下の3つです。

  • 製造元
  • 値段
  • 添加物

ルミガンとケアプロストには、まったく同じ有効成分が含まれています。そのため、効果や副作用にほとんど違いはありません。2剤の違いについて、以下より見ていきましょう。

2剤の違い(1):製造元

ケアプロストとルミガンの大きな違いのひとつは製造元です。ルミガンはアメリカで製造がはじまり、日本でも認可されて製造・販売されています。これに対して、ケアプロストはインド製であり、日本では認可されていない薬です。

  • ルミガンの製造元:アラガン社(アメリカ)
  • ケアプロストの製造元:サンファーマ社(インド)

ケアプロストはルミガンより後にできた薬で、ジェネリック薬にあたります。有効成分はどちらもビマトプロストですが、ケアプロストはインドで独自の製法で作られている薬です。インドはジェネリック大国と言われており、医療の発達した国なので、ケアプロストも効果の高い医薬品であると言えます。

薬の品質に差はありませんが、ルミガンは日本でも処方されているので、より安心感はあるかもしれませんね。

2剤の違い(2):値段

ケアプロストとルミガンのもっとも大きな差が値段です。ケアプロストは、ルミガンと同じ効果にもかかわらず激安で購入できます。値段の差は購入する通販サイトにもよりますが、1本あたりでおよそ800円から1,300円ほどです。

あえてルミガンを選ぶ人もいますが、ブランドや製造国にこだわりの無い人なら、ケアプロストを買った方が断然お得です。

インドは物価が安いから薬も安い

ルミガンとケアプロストでこんなにも値段に差がある理由は、物価に違いがあるからです。インドの平均的な物価は日本の3分の1、もしくは4分の1ほどだと言われています。対して、ルミガンを製造しているアメリカの物価は、日本と大差ありません。このため、医薬品の値段にも大きな差が出ます。

インドは特許法の違いでジェネリックが安い

ケアプロストが安いもうひつの理由として、特許法の違いが挙げられます。ケアプロストを製造しているインドは、日本や世界の国とは、医薬品の特許に関する法律が異なります。

インドでは製法特許のみが認められており、物質特許が認められていません。つまり、同じ有効成分を使っていても、作り方さえ異なれば合法に医薬品を製造できます。このため、ケアプロストとルミガンのようにほぼ同じ薬でも、特許切れを待たずにどんどん製造できるのです。

日本では、特許が切れてジェネリック薬を開発するまでに、20年は待つ必要があります。しかし、インドでは、この待ち時間がほとんど無いと考えてよいでしょう。

この仕組みにより、たくさんのジェネリック薬を作って輸出しているのがインドです。そのため、生産コストを抑えて薬を作る技術がとても発達しており、低価格なジェネリック薬を販売できます。

ケアプロストが安いからと言って、品質を疑う必要はありません。

もし激安のルミガンを探していたなら、ケアプロストを購入することをおすすめします。

あまりにも激安のルミガンだとニセ薬である可能性もあるので、もともと安いケアプロストの正規品を買った方が安心です。

2剤の違い(3):添加物

ケアプロストとルミガンは、添加物が異なります。製法が違うジェネリック薬なので、成分の配合にも多少の違いがあります。

添加物は薬の作用には影響しないので、その違いによって2剤に優劣はつけられません。しかし、まれに添加物でアレルギーを起こしてしまう人もいます。そういった人は、添加物の少ない薬剤を選ぶとよいでしょう。ケアプロストとルミガンを比較すると、添加物の種類が少ないのはケアプロストです。

ルミガンも通販で購入できる

ルミガンは、ケアプロストと同じく市販されていない医薬品です。もちろん、楽天やamazonでも購入できません。手軽に購入したい場合は、個人輸入を代行してくれる通販を利用してみましょう。

先ほど紹介した、あんしん通販マートやオオサカ堂などのサイトで、ルミガンの正規品も購入できます。ケアプロストとルミガン、どちらも実際に使ってみて、自身に合う方を継続して使ってみるとよいかもしれません。

ルミガンの購入はこちら

ケアプロストプラスについて

ケアプロストの進化版として、「ケアプロストプラス」という商品があります。しかし、まつげ育毛剤として使うことはおすすめできません

ケアプロストの成分に加えて、ケアプロストプラスには「チモロール」という成分が含まれています。チモロールもビマトプロスト同様、緑内障の治療に用いられる成分です。ただし、ビマトプロストのようにまつげを伸ばす効果はありません。

ケアプロストプラスは、緑内障の治療薬として進化した薬剤であって、まつげ育毛のために作られた薬ではないのです。そのため、まつげ育毛に使うなら、余計な成分が含まれていることになります。副作用が起こりやすくなる可能性もあるので、まつげに使うならケアプロストがおすすめです。

ケアプロストを通販するときのポイント4つ

ケアプロストを通販するなら、個人輸入のルールも押さえておかなければなりません。注意するポイントは、大きく分けて以下の4つです。

  1. 転売・譲渡はダメ
  2. 副作用・健康被害は自己責任
  3. 1回の買い物は16,666円までに抑える
  4. 1回で1カ月分じゃないと届かないかも

では、個人輸入する際のポイントについて、以下より詳しく説明します。

1.転売・譲渡はダメ

個人輸入とは、その名の通り、個人が使うために商品を輸入することです。ケアプロストを買ってから転売したり、友達にあげたりすると、法律に触れてしまいます。

また、個人の使用のみに限って許可されているので、会社などの法人宛では品物が届かない場合があります。基本は個人宅に届けてもらうようにし、受け取りが難しいなら郵便局留めのできる通販サイトを利用しましょう。

2.副作用・健康被害は自己責任

個人輸入した薬で副作用や健康被害が起こっても、国の救済制度を利用できません。通販サイトも、あくまで「個人輸入を代行する業者」であるため、被害に対する責任はとってくれないでしょう。ケアプロストに重大な副作用はありませんが、使い方をきちんと把握したうえで個人輸入しましょう

3.1回の買い物は16,666円までに抑える

個人輸入する際は、買い物の合計金額にも気を付けてください。購入の金額が16,666円を超えていると、関税がかかってしまうケースがあります。ケアプロストをまとめ買いでお得に購入したつもりでも、結果的に損してしまうかもしれません。

4.1回で1カ月分じゃないと届かないかも

一度に個人輸入できる医薬品の量は、基本は使用の目的からみて1カ月分までです。つまり、ケアプロストであれば、1回に1本までの発注となります。

しかし、「それならまとめ買いで安く買えないじゃん!」という声も聞こえてきそうです。個人輸入の通販サイトでは、こういったリスクを回避するために分納にも対応してくれます。大量に買った場合は一度に届かないかもしれませんが、購入した分はしっかりと届くので安心してください。

ケアプロストでまつげ育毛するときの使い方

ケアプロストを通販で買う準備が整ったら、使い方についても知っておきましょう。ケアプロストをせっかく手に入れても、使い方は誰も教えてくれません。副作用が起こってしまうケースもあるので、正しい使い方を知っておくことはとても大切です。

ケアプロストは毎日1回塗るだけ!

ケアプロストは、1日1回ずつ、まつげの根元に毎日塗りましょう。これだけで、長く美しいまつげが手に入ります。

1日に何度も塗っても、副作用が出やすくなるだけで、まつげが早く伸びることはありません。毎日コツコツと続け、ケアプロストの効果を定着させることが重要です。

メイクオフ・スキンケアを済ませて塗る

ケアプロストは、メイクを落としたあと、夜寝る前に塗りましょう。メイクを落とした後でないと、ケアプロストが十分に浸透しないので、まつげ育毛の効果が得られない可能性があります。

また、先にスキンケアも終わらせておきましょう。もしケアプロストを塗った後にスキンケアをすると、液が余計な部分にまで広がります。そうすると、不要な部分の産毛が伸びて太くなったり、皮膚に色素沈着が起こったりしてしまいます。

アプリケーターを使って塗ろう

ケアプロストを塗るときは、アプリケーターを使いましょう。アプリケーターとは、まつげ育毛剤を塗るための小さなブラシです。細い棒状で、先っちょに毛がついています。アプリケーターの毛の部分に液を1滴垂らして、まつげの生え際のみをなぞるように塗りましょう。

ケアプロストはサラサラとした薬液なので、指に垂らしてもうまく塗れません。もし指で塗ったとすると、余計な部分にまで液がたくさん付着してしまいます。

アプリケーターを使うことで、薬液が余計な部分につかず、副作用を回避できます。また、薬液の量も最小限に抑えられるので、効率的なまつげ育毛が可能です。ケアプロストを購入するときは、アプリケーターも併せて買っておきましょう。

ケアプロストは、まつげの根元にだけ塗りましょう。

余計な皮膚にまでケアプロストの液が付かないよう、注意が必要です。

ケアプロストの効果・口コミ

ケアプロストは、まつげ育毛の効果が高い薬です。「なぜまつげが伸びるの?」「本当にみんな伸びてるの?」といった疑問にお答えします。ケアプロストの効果のヒミツや口コミを見ていきましょう。

ケアプロストのまつげへの効果について

ケアプロストに含まれる有効成分「ビマトプロスト」には、まつげを伸ばしたり太くしたりする効果があります。

ビマトプロストは緑内障の点眼薬に含まれる成分ですが、使っている患者にまつげの成長が見られました。このため、ビマトプロストがまつげ育毛に応用されるようになったのです。ビマトプロストの作用が毛周期に影響を与え、まつげの成長期が伸びると考えられています。まつげを太く長く育て、目元の印象をアップしてくれます。

ケアプロストは、市販のまつげ美容液とは違って医薬品です。まつげ美容液には、ビマトプロストは含まれていません。医薬品として、まつげ育毛の確かな効果が認められている成分はビマトプロストだけです。美容液で満足できなかった人でも、ケアプロストなら本当にまつげを伸ばすことができます。

ケアプロストは眉毛にも効果あり

ケアプロストは毛を伸ばしたり太くしたりする効果があるので、眉毛に使っている人もいます

ここ数年は、ナチュラルで太めの眉毛がブームです。とはいえ、もともと眉毛が薄い人は、そのブームに乗るのが困難です。もとの眉毛がまばらに生えていると、濃い色で太く書いても不自然になってしまいますよね。そんな人のお助けアイテムとしても、ケアプロストは重宝しています。眉毛が綺麗に生えそろうと、メイクをしたときにも美しい形になります。

ケアプロストは、開封から1カ月ほどで使いきらなければなりません。まつげだけに使っていると余ることも多いので、ついでに眉毛にも塗っておけば一石二鳥です。

ケアプロストで効果を感じた口コミ

では、ケアプロストの効果を実際に感じた人の口コミを、Instagramから見てみましょう。

こちらの方の投稿では、わずか12日でまつげの成長が見られます。まつげが太く長く伸びていることがわかりますね!

効果を感じるまでの期間は人それぞれですが、2週間から2カ月ほど使っていると、まつげの変化が感じられます。

ケアプロストの副作用・口コミ

ケアプロストは医薬品なので、効果が高いぶん副作用もあります。多くの人が感じている副作用は以下です。

  • 色素沈着
  • 目のかゆみ
  • 充血
  • 目のくぼみ

失明など、重大な副作用はありませんが、できる限り副作用は避けたいですよね。以下より、副作用の原因と対策、実際の口コミを紹介します。

副作用の原因と対策

色素沈着が起こる原因は、まぶたなどの皮膚にケアプロストの液がついてしまうからです。色素沈着を阻止するために、まぶたにはワセリンを塗っておきましょう

また、目の中にケアプロストの液が入ると、虹彩(黒目の部分)にも色素沈着が起こります。目のかゆみや充血、くぼみなどの副作用も、目の中に液が入ることで起こります。まつげ育毛を目的として使うなら、目の中にケアプロストの液が入らないよう注意してください

ケアプロストで失明する?

ケアプロストは目の付近に塗るものなので、もっとも心配な副作用は失明ではないでしょうか。とはいえ、ケアプロストで失明する心配はありません

そもそも、ケアプロストは点眼薬として作られたものです。目の中に入って失明するような薬であれば、点眼薬としては販売できませんよね。「ケアプロストを使って失明した」という人は過去にもいません。このことから、失明という重い副作用はまずないと考えてよいでしょう。

しかし、ビマトプロストの作用により、視力が低下してしまったケースはあります。失明することがないとはいえ、目の中に薬液が入らないよう、十分に注意をする必要はあります。

ケアプロストで副作用が起こった口コミ

ここで、実際にケアプロストで副作用を感じてしまった人の声を挙げてみます。

上の方は効果を感じられてはいますが、下まぶたの色素沈着、余計な部分の産毛が気になるとのことです。ケアプロストを下まつげに塗ると、このような副作用が起こってしまうんですね。

また別の方も、副作用について詳しく書かれています。

こちらの方は、目の充血やゴロゴロ感があるとのことです。色素沈着はワセリンで防げますが、すべての副作用を回避するのは難しいと言えます。

ケアプロストの副作用は、正しい使い方をすることで防げます。

  • 余計な部分に液が付着しないようにする
  • 目の中に液が入らないようにする

上の2点に気を付ければ、副作用を最小限に抑えられます。

ケアプロストの通販まとめ!

ケアプロストは、通販で安く買えるまつげ育毛剤です。まつげケアのアイテムは多種多様にありますが、値段や効果を考えてみると、ケアプロストが一番おすすめです。

個人輸入の代行サイトを利用すれば、簡単にケアプロストを入手できます。個人輸入のサイトもたくさんあるので、どこを利用すればよいのか迷ってしまうかもしれません。そんなときは、当サイトで紹介した3つの通販サイトを検討してみてください。どのサイトも、ケアプロストの正規品を購入できます。ケアプロストの値段だけでなく、利便性や信頼性も比較して選ぶことが大切です。

ケアプロストと同じ効果の薬として、代表的なものでルミガンが挙げられます。ルミガンは日本でも処方される薬なので、安心感はありますが、ケアプロストよりも高価です。中身がほぼ同じ薬なので、ケアプロストを選んだ方がお得にまつげ育毛ができます。

ケアプロストは、まつげを伸ばす効果を持っています。毎日1回、まつげの生え際に継続して塗っていると、1カ月から2カ月ほどでまつげが伸びたと実感できるでしょう。

しかし、ケアプロストは医薬品であるため、副作用が起こる場合もあります。目のかゆみや充血、皮膚への色素沈着が起こることもあるので、余計な部分に薬液が付着しないよう注意してください。

ケアプロストを通販で購入し、理想のまつげを手に入れましょう!