ケアプロストは妊娠中・授乳中には使えない

ケアプロストは妊娠中・授乳中には使えない

妊娠中や授乳中はまつげが抜けやすくなるので、ケアプロストで育毛したいと考える人もいるでしょう。しかし、ケアプロストは医薬品であるため、赤ちゃんへの毒性も考えられます。自己判断で安易に使うのは絶対にやめてください。

では、妊娠中や授乳中にケアプロストを使うと、どのような危険性があるのかを詳しく見ていきましょう。

ケアプロストは妊娠中はNG

妊娠中はホルモンバランスが変化するので、体質にさまざまな変化が起こります。そのなかで、まつげが抜けやすくなることもあるでしょう。しかし、妊娠中にケアプロストでまつげ育毛をしてはいけません。お腹のなかの赤ちゃんに、悪影響を及ぼす可能性があります。

妊娠中にまつげが抜ける原因

妊娠すると母体には大きな変化が起こります。味覚や肌質の変化に加えて、髪の毛が抜けやすくなってしまう人もいます。また、髪の毛に限らず、まつげが抜けやすくなる人もいるでしょう。

妊娠中にまつげが抜けやすくなる原因は様々です。まず挙げられる原因は、女性ホルモンの分泌量のバランスが崩れ、まつげの成長サイクルが狂うことです。妊娠初期には、つわりの影響によって食生活が乱れ、まつげを成長させるための栄養素が不足してしまう場合もあります。さらに、妊娠中のストレスによって睡眠不足が続けば、成長ホルモンの分泌量が減り、まつげが抜ける原因となるでしょう。

「このままでは、まつ毛がなくなってしまう・・・」と不安を抱える女性は多いかと思いますが、まつげの脱毛はあくまでも一時的な症状です。そのため、あまり心配する必要はないでしょう。

ケアプロストは胎児に毒性がある

まつげ美容のアイテムは多種多様で、効果が高い医薬品のひとつにケアプロストが挙げられます。しかし、ケアプロストは、妊娠中に使ってはいけません。ケアプロストは市販のまつげ美容液と違い、作用が強い医療用の成分が含まれています。

妊娠中にケアプロストを使うと、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす危険性があります。ケアプロストの有効成分「ビマトプロスト」は、妊婦が使ったときの安全性が確立されていません。

国内で行われた実験では、妊娠中のマウスにビマトプロストを投与したところ、胎児が死亡するなどの毒性が見られました。人間でも同じようなことが起こるかどうかはわかりませんが、危険性が高い以上は使わない方がよいでしょう。

まつげが薄いことは命にかかわる症状ではありません。

妊娠中は、まずお腹の赤ちゃんを最優先に考えましょう。

ケアプロストは授乳中も危険

授乳中の女性も、妊娠中と同じく、ケアプロストの使用は避けるべきです。授乳中にケアプロストを使うと、成分が母乳に混ざってしまいます。

上述したように、ケアプロストに含まれるビマトプロストは、まだ未成熟な赤ちゃんには悪影響を及ぼします。お母さんが授乳中にケアプロストを使っていると、赤ちゃんがビマトプロスト入りの母乳を飲んでしまうことになるのです。そうなると、赤ちゃんが健康に育たなくなる危険性があります。

このため、もし授乳中にケアプロストを使いたくなっても、授乳をやめてからにしてください。

妊娠中や授乳中にまつげをケアしたいなら、市販で刺激が少ないものを選びましょう。

一般に市販されている化粧品であれば、妊娠中や授乳中に使っても、基本は赤ちゃんへの影響はありません。

さらに気を付けるなら、自然由来の成分や植物エキスがメインの商品を選ぶとよいでしょう。

まとめ

妊娠中や授乳中は、ケアプロストの使用を控えてください。

妊娠中は、まつげが抜けやすくなります。そんなとき、効果の高いケアプロストを使って、まつげ育毛をしたくなるかもしれません。しかし、体が成熟した大人は大丈夫でも、胎児には悪影響を及ぼす危険性があります。

授乳中であれば、母乳にケアプロストが混ざり、赤ちゃんの口から入ってしまうリスクが考えられます。生まれたての赤ちゃんも体がまだ成熟していないので、ケアプロストが成長にどのような影響を及ぼすかわかりません。

ケアプロストは医薬品なので、まつげの根元に少量塗るだけとはいえ、妊娠中や授乳中に使うのはやめましょう。