ケアプロストは楽天・amazonでは買えない!

ケアプロストは楽天・amazonでは買えない!

ケアプロストは、まつげを濃く長くしたい人におすすめの医薬品です。ケアプロストは、薬局やドラッグストアなどでは市販されていません。ケアプロストを購入するためには、通販サイトを利用する必要があります。

通販サイトと聞くと、まず最初にイメージするのが楽天やamazonですよね。しかし、楽天やamazonといった大手の通販サイトでも、ケアプロストは取り扱われていません。では、「ケアプロストはどこで買うのが正解なの?」という疑問を解決します。

ケアプロストが楽天に売っていない理由

ケアプロストは、楽天・amazonといった通販サイトでは購入できません。その理由は、ケアプロストが医療用医薬品だからです。それだけでなく、海外の医薬品であるため、日本では取り扱っていないという事情もあります。

医療用医薬品だから

なぜ大手の通販サイトで購入できないのかというと、ケアプロストが医療用医薬品だからです。

医療用医薬品とは、医師の処方せんが必要な薬のことを言います。ケアプロストに含まれる有効成分「ビマトプロスト」は医療用の成分なので、市販薬と同じようには扱えません。

日本では、ビマトプロストが含まれた目薬を買うためには、医師からの処方せんが必要です。病院へ行って、医師に診察や検査をしてもらい、問題がないとわかれば処方が受けられます。楽天やamazonの通販では、医師が診察してくれるわけではないので、販売はできないのです。

海外の医薬品だから

ケアプロストは海外の医薬品であるため、基本は日本で販売されていません。

ケアプロストは、インドの製薬会社である「サンファーマ社」により、製造・販売されています。同じビマトプロストが含まれた医薬品は日本にもありますが、ケアプロスト自体は日本で未承認の薬です。

クリニックへ行って処方を受けようとしても、ケアプロストを処方してもらえることは少ないでしょう。大抵はルミガンやグラッシュビスタが処方されます。もしケアプロストを処方してもらえる病院があるとしたら、医師が個人輸入したものを販売しているところです。

ケアプロストは楽天じゃなくて個人輸入で買う

ケアプロストは、日本国内で買うことが難しいので、海外から輸入する必要があります。

個人輸入ができる通販サイトを利用すると、ケアプロストを簡単に購入できます。個人輸入なら、処方せんも必要ありません。自分自身が使うためだけなら、医薬品の個人輸入は法律でも認められている購入の方法です。

とはいえ、医師の診断を受けていないため、副作用や健康被害があっても自己責任となるので注意しましょう。ケアプロストの使い方や副作用をしっかりと理解してから、個人輸入をしてください。

まとめ

ケアプロストは、楽天やamazonといった通販サイトでは購入できません。これは、医療用医薬品であるため、国内の通販サイトでは取り扱えないからです。また、インドで製造・販売されているので、日本では流通していません。

ケアプロストを購入したいなら、個人輸入ができる通販サイトを利用しましょう。日本語のサイトも多く、楽天などと同じ感覚で購入できます。ただし、個人輸入した医薬品の使用は自己責任となるので、副作用や使い方をしっかりと理解しておいてください。