まつげ下地を選ぶポイントは3つ!イメージに合った下地を選ぼう

まつげ下地を選ぶポイントは3つ!イメージに合った下地を選ぼう

まつげのメイクは、下地を使うことで格段に美しく仕上がります。マスカラの前に下地を塗れば、ボリュームや長さがさらに引き出せます。まつげ下地は、最終的な仕上がりをイメージして選ぶことが大切です。

まつげ下地を選ぶポイントは、性質・ブラシの形状・液の色の3つです。

まつげ下地は、製品によって性質や特徴が異なります。大きく分けて4つの性質があるので、順番に見ていきましょう。

ボリュームタイプの下地は、まつげに付着しやすい繊維素材がたくさん含まれています。繊維の力でまつげにボリュームを持たせ、目元の印象を強くできるのがメリットです。

ロングタイプにも、ボリュームタイプと同じく、まつげに付着しやすい繊維素材が入っています。まつげを扇状に広げながら塗布できて、ボリュームよりも長さを強調できるタイプです。

一部のメーカーからは、ボリュームタイプとロングタイプ、両方の性質を持つ商品も販売されています。

カールタイプの下地が持つ役割は、まつげの表面をコーティングし、美しいカールを長く保つことです。ビューラーやホットビューラーと一緒に使えば、理想のカールを長時間キープできます。

美容液タイプのまつげ下地には、まつげに栄養を与える美容液が配合されています。マスカラのノリや発色をよくすることに加え、まつげにツヤ・ハリを持たせるのが特徴です。メイクをしている状態でも、まつげのケアができます。

次は、まつげ下地のブラシの形状についてです。下地を塗るブラシの形は、仕上がりに大きな影響を与えます。

ブラシの形は、大きく分けてコームタイプとブラシタイプの2つです。コームタイプを使えば、まつげ1本1本に綺麗に下地が行き渡ります。ブラシタイプは全体的にたっぷり塗れるので、ボリューム感を出したい人に向いています。コームはロングタイプ、ブラシはボリュームタイプに多い形状です。

最後に、下地の色にも注目しましょう。まつげ下地には、黒・白・透明の3色があります。

黒い下地は自まつげと似た色なので、単体でまつげのメイクを済ませても問題ありません。ただし、あくまで下地であるため、ボリュームや長さを出す力はマスカラに劣ります。しっかりとまつげのメイクをしたいなら、黒い下地の上からでもマスカラを塗りましょう。

白いタイプの下地は、単独で使用することはほぼありません。意図的に白いまつげにしたい場合は別として、基本は上から別のマスカラを重ねます。ベースが白であれば、上から塗る色が際立ちますが、塗りムラが目立つ点には注意が必要です。

透明なタイプのまつげ下地は、重ねるマスカラの色に影響を与えません。まつげにツヤを出したり、形をキープしたりするための役割があります。ナチュラルなメイクにしたいなら、透明なマスカラのみでまつげのメイクを済ませるのもひとつの方法です。

まつげ下地を選ぶ3つのポイントを押さえて、自身に合うものを選びましょう。