まつげもコームでお手入れ!メイクの仕上がりが見違える

まつげもコームでお手入れ!メイクの仕上がりが見違える

アイメイクに力を入れていても、マスカラだけで終わらせている人は多いでしょう。実は、マスカラの前後にまつげコームを使うことによって、見違えるようなまつげに変身します。

マスカラを使う際に多くの女性が悩んでいることは、ダマができてしまうことです。マスカラの液には、まつげのボリュームや長さを増すためにさまざまな工夫がされています。しかし、どのタイプのマスカラを使っても、ダマができてしまう場合があります。もちろんダマができにくいタイプのマスカラもありますが、完璧に避けることは困難です。

なぜマスカラがダマになってしまうのか言うと、まつげのお手入れに問題があるからです。まつげのお手入れをしなければ、毛が絡まったり、ゴミがついていたりします。このような状態のまつげにマスカラを塗ると、ダマができます。マスカラのダマを防ぐ為には、マスカラを塗る前にしっかりとまつげをコームでとかすことが大切です。

また、マスカラを塗る量が多すぎることも、ダマができる原因となります。まつげにボリュームを出すために、マスカラをたっぷり塗ってしまう人もいるかもしれません。しかし、とにかくたくさん塗ればよいわけではなく、1本1本のまつげに適量を丁寧に馴染ませることが重要です。マスカラを塗り過ぎてしまったら、余分な液を取り除きましょう。

これらの問題を解決するために、まつげコームがあります。まつげコームの役割は2つです。1つは、マスカラを塗る前にまつげをとかし、小さなゴミなどを取り除くことです。マスカラが綺麗に塗れるように、乱れたまつげを整えておきます。

2つめの役割は、余分についたマスカラを取り除くことです。マスカラを塗ったあと、液が乾ききってしまう前にコームでとかしましょう。そうすると、余分なマスカラの液や繊維が固まることなく、ダマを防げます。

まつげコームを使うときは、まつげの根元の部分にコームをあて、毛先の方にゆっくりととかしていきましょう。目の近くなので、雑にやると危険です。コームが粘膜や皮膚を傷つけてしまわないよう、丁寧にとかしてください。

まつげコームを使えば、いまよりもっと美しいまつげに仕上がります。値段もお手頃なので、まだ持っていない人は1本買ってみることをおすすめします。