まつげのコンプレックスを目立たなくするメイク

まつげのコンプレックスを目立たなくするメイク

まつげの長さや量が少ないことがコンプレックスで、アイメイクが思うようにできない人は多いと思います。まつげにエクステやパーマを施せば、コンプレックスは解消されますが、お金も時間もかかって大変ですよね。そこで、普段のメイクを工夫して、まつげのコンプレックスをできる限り気にならないようにしましょう。

まつげにコンプレックスがあるからと言って、まつげのボリュームだけにこだわる必要はありません。華やかなアイシャドウやアイライナーを使えば、パッと見たときの印象がまつげ以外に向きます。アイシャドウはラメ入りのものを使って、グラデーションを作りましょう。まつげが長くなくても、アイシャドウの陰影で目を大きく見せられます。

アイライナーを引くときは、ガッツリと太く引かないように気を付けてください。目の周りを黒く囲むと目が小さく見える上に、まつげも見えなくなります。アイラインは細めに引いて控えめにしましょう。目頭からアイラインを引くと濃くなりがちなので、黒目の真ん中から目尻にかけて引くのがおすすめです。

まつげにボリュームを出したいなら、やはり一番大切なのはマスカラです。マスカラは、ブラックで線維が入っているものを使いましょう。薄い色のマスカラを使うと、まつげの存在感が薄くなります。ピンクや黄色といったカラーマスカラも可愛いのですが、まつげを長く見せたい場合はブラックで際立たせるのがベストです。繊維入りのマスカラを二度塗りすれば、まつげがかなり長くなります。

また、まつげをさらに濃く長くしたい場合は、マスカラ下地を使いましょう。マスカラ下地を使うことでカールがキープされることに加え、まつげの長さや太さも増します。特にまつげに対するコンプレックスが強い人にとっては、マスカラ下地はマストアイテムと言えます。

マスカラをしっかりと塗った後は、ビューラーでしっかりとカールをつけます。あまりカールがつかないという人は、ホットビューラーを使うとよいでしょう。通常のビューラーよりもしっかりとカールを作れます。

まつげにコンプレックスがある場合、アイシャドウやアイライナーを濃くしすぎないことがメイクのポイントです。また、マスカラ下地などを使えば、まつエクをしなくても十分長く見せられます。

メイクだけでは、まつげのコンプレックスがどうにもならない人は、日々まつげ育毛に励むことをおすすめします。まつげエクステやパーマをするとメイク以上にまつげが傷むので、自まつげを伸ばした方がよいでしょう。