マツエクにもOKのまつげ美容液を紹介!

マツエクにもOKのまつげ美容液を紹介!

マツエクをしているときは、普段よりも自まつげが傷みやすい状態です。そのため、せっかくつけたマツエクも、自まつげごと抜けてしまうこともあるでしょう。それを防ぎ、できるだけマツエクを長持ちさせるためには、まつげ美容液でケアすることが大切です。

自まつげを健康に保つことで、エクステのついている毛が抜けにくくなり、結果的に長持ちします。また、まつげにハリ・コシがあれば、マツエクの重みに負けず、上向きの状態をキープできます。マツエクをしているときこそ、まつげ美容液によるケアが重要なのです。

マツエクをしているときに美容液を使うなら、「マツエクへの使用もOK」と記載されているものにしましょう。マツエクのグルー(接着剤)はデリケートなので、油分などが付着するととれてしまいます。マツエクOKの美容液には、グルーに付着しても問題ない成分だけが含まれているので安心です。

次に気を付けたいのが、まつげ美容液を塗るブラシの形状です。まつげ美容液のブラシの形は、マスカラブラシタイプ、チップタイプ、筆タイプの3つに分類されます。

なかでも、マツエクをしているなら、チップタイプのブラシがよいでしょう。マスカラブラシタイプは、マツエクの人工毛に引っかかってしまう可能性があります。筆タイプは細かいところまで塗れますが、チップタイプの方が簡単にケアが済みます。マツエクへの引っかかりにくさや塗りやすさを考えると、チップタイプのまつげ美容液が最適です。

チップタイプのまつげ美容液でおすすめしたいのが、資生堂の「アデノバイタル アイラッシュセラム」です。もちろん、マツエクへの使用もOKと記載されています。この商品には、まつげの成長を助けるナツメ果実エキスが含まれています。また、無香料・無着色なので、目元に塗るのも安心です。2カ月ほど使える量で、値段も2,300円ほどとお手頃です。

また、まつげ美容液には指で塗るタイプもあります。これはアイクリームにまつげ美容の成分も含まれているものです。スキンケアの流れで簡単にまつげケアも済み、目元のリフトアップにも役立つのでおすすめです。

アイクリームタイプのまつげ美容液といえば、フローフシの「THE まつげ美容液」が代表的な商品と言えるでしょう。エンドミネラルという独自の成分が含まれており、マイナスイオンで肌に潤いを与えます。オイルフリーなので、マツエクへの使用もOKです。また、人工香料や着色料、アルコール、シリコンなど、肌に悪いものは一切含まれていません。マツエクで傷んだ自まつげのケアに加え、目元のスキンケアもしたい人にぴったりの商品です。

まつげ美容液にはさまざまな種類があるので、マツエクOKの商品のなかから自身にあったものを選びましょう。