まつげエクステ専用のマスカラ・コーティング剤でマツエクを保護

まつげエクステ専用のマスカラ・コーティング剤でマツエクを保護

まつげエクステが綺麗についている状態なら、基本はマスカラが必要ありません。しかし、まつげエクステが外れてくると、マスカラを塗りたくなりますよね。

ここでは、まつげエクステに使えるマスカラの種類を紹介します。そして、まつげエクステの上からマスカラを塗る際のポイントも見ていきましょう。

まつげエクステに使えるマスカラ

マツエクをしているときは、普段よりもマスカラ選びに気を遣いましょう。お湯で落ちるタイプのマスカラか、コーティング剤を使うのがおすすめです。

お湯で落ちるタイプ

まつげエクステの上から塗るなら、お湯で落ちるタイプのマスカラを選びましょう。

最近では、まつげエクステ専用のマスカラが販売されています。お湯で落ちるタイプになっていて、クレンジングが簡単です。通常のマスカラと比べ、自まつげにもエクステにも負担をかけず、美しい状態を保ちやすくなります。

コーティング用

まつげエクステをしているときは、専用のコーティング剤がおすすめです。コーティング剤を使えば、まつげエクステを綺麗な状態で長持ちさせることができます。マツエクのサロンでも買えますが、市販の商品もあるので、気軽に入手が可能です。

コーティング剤は、通常のマスカラとは異なり、長さやボリュームを出すことが目的ではありません。あくまで、マツエクを保護して際立たせる役割を担っています。コーティング剤の多くはクリアタイプで、ほかにもブラックタイプがあります。

クリアタイプ

クリアタイプを使うと、エクステにツヤが出て長いまつげがさらに引き立ちます。しかし、ボリュームはあまり変わりません。最初からエクステの本数が多い人、太めの毛を付けている人に向いているのがクリアタイプです。

ブラックタイプ

ブラックタイプは、通常のマスカラと同じような感じです。クリアタイプよりもボリュームが出ます。普段はナチュラルなマツエクをしている人なら、ブラックタイプでボリュームをプラスしてみてもよいでしょう。

まつげエクステにマスカラを塗るポイント

まつげエクステを付けている期間にも、マスカラを使うメリットはあります。しかし、クレンジングの種類には気を付けてください、また、マスカラを落とすために目元を擦りすぎると、エクステがとれる原因となるので注意しましょう。

マスカラを使うメリット

まつげエクステを付けているときにマスカラを使うメリットは、大きく分けて2つです。

まず、マツエクの上からマスカラを塗ると、まつげのボリュームがさらに増します。加えて、エクステが外れてきている状態なら、自まつげとエクステを馴染ませる効果があります。まつげエクステをしていてもマスカラが必要になるタイミングはあるので、お湯で落ちるタイプを常備しておくと安心です。

オイルクレンジングはNG

マツエクを付けているときは、マスカラやコーティング剤を塗っても、オイル入りのクレンジングを使ってはいけません。マツエクがとれやすくなってしまうので、クレンジングの種類に気を付けてください。オイルフリーのリキッドやジェル、ローションタイプを使ってメイクオフしましょう。

目元を擦らない

クレンジングや洗顔の際は、目元をあまり擦らないように注意が必要です。マスカラを落としたいからと言って、ゴシゴシ擦らないようにしましょう。まつげエクステがとれやすくなる上、まぶたの皮膚が荒れる原因にもなります。マツエクを付けている間は、特に優しくメイク落としや洗顔を行いましょう。

まとめ

まつげエクステを付けているときに使えるマスカラは、お湯で落ちるタイプです。「マツエクOK」などの表記があるものなら、安心して使えます。また、専用のコーティング剤もあるので、まつげエクステを長持ちさせるためにおすすめです。

普段からナチュラルなマツエクをしている人は、お出かけ用のメイクとしてマスカラをプラスするとよいでしょう。また、エクステが取れ始めたとき、自まつげと馴染ませるためにも役立ちます。

マスカラを使ってもオイルクレンジングをしないこと、目元を擦らないことには注意してください。