目元の印象はまつげで決まる!自然にまつげを際立たせる方法

目元の印象はまつげで決まる!自然にまつげを際立たせる方法

目元の印象は、その人自身の印象を大きく左右します。目元で第一印象が決まると言っても過言ではありません。このため、メイクをするときも、目元に最も力を入れる人が多いでしょう。

目元を印象付けるためには、まつげを主役としたメイクがおすすめです。自まつげを綺麗に伸ばせば、メイクをしたときに映えます。ビューラーやマスカラでまつげを長く見せるのはもちろんですが、バックとなるアイライナー・アイシャドウの入れ方も大切です。

目元の印象アップのカギはまつげ

まつげを主役にしたナチュラルメイクこそが、目元の印象アップにつながります。

一昔前までは、目の周りを真っ黒のアイライナーでがっつりと囲み、つけまつげをするといった濃いアイメイクが主流でした。それに対して、最近のアイメイクの主流は、抜け感を意識したナチュラルメイクです。自然な可愛さを演出するためのアイメイクの主役はまつげです。まつげを際立たせれば、ナチュラルメイクでも目が大きく綺麗に見えます。

目元の印象が変わる!まつげを際立たせる方法

まつげを際立たせるメイクをすることで、目元の印象が劇的に変化します。まずは、自まつげを綺麗に伸ばすことから始めましょう。メイクの際には、ビューラーやマスカラだけでなく、アイライナーやアイシャドウの使い方も重要です。

まつげを綺麗に伸ばす

まつげを際立たせるためには、まず自まつげを伸ばす必要があります。まつげのハリやコシが足りない場合、まつげ美容液や育毛剤で栄養を与え、まつげを綺麗に伸ばす必要があるでしょう。

すぐにまつげを長く見せたいなら、まつげエクステを施して目元の印象をアップする方法もあります。とはいえ、まつげが痛みすぎているとエクステが付けられない場合もあるので、まずは自まつげを健康にしなければなりません。

ビューラーで上げる

まつげをより一層に際立たせたいなら、ビューラーでしっかりとまつげを上げましょう

ビューラーを使用する際は、まつげをカールし過ぎると縦のラインが強調されなくなってしまいます。根元からまつげをビューラーでしっかりと挟み、真上に持ち上げるような感覚で目元に縦長のラインを出しましょう。

マスカラで長さを出す

自まつげを際立たせるためには、マスカラが必須です。

マスカラは長さが出るタイプのものを使用し、根元から毛先に向かってゆっくりと馴染ませてください。1本1本を横に広げながら固定し、ナチュラルさを出すのがおすすめです。上のまつげ、下のまつげともに、しっかりとマスカラを馴染ませましょう。

アイライナーは控えめに

まつげを際立たせたいなら、アイラインは控えめに引くのがコツです。

抜け感を出すために、ブラックではなくブラウンのアイライナーを選ぶのがよいでしょう。目元が柔らかい印象に仕上がり、まつげがより際立ちます。アイライナーで目の周りをがっつりと囲んでしまうと、逆に目が小さく見えるのでやめましょう。

アイシャドウで目の大きさを強調

まつげの背景となるアイシャドウの入れ方により、際立ち方が変わります。

アイシャドウは肌に馴染むブラウンを使い、グラデーションにして立体感を出すと目が大きく見えます。ブラウンのグラデーションにすることで奥行ができ、ほりが深く見えるのです。まぶたの真ん中の部分や涙袋の部分には、パールが配合されているアイシャドウをのせれば、さらに立体感が出ます。目の際は、濃いめのブラウンで引き締めます。

まとめ

目元の印象をアップするためには、まつげを主役にしたメイクを施しましょう。一昔前までは濃いアイメイクが主流でしたが、いまはナチュラルメイクが好印象を持たれます。まつげをしっかりと際立たせ、ナチュラルでもぱっちりとした目元を演出することが大切です。

まつげが主役のメイクをするためには、まず自まつげを綺麗に伸ばすことが欠かせません。メイクをするときは、ビューラーやマスカラだけでなく、アイライナーやアイシャドウの入れ方も意識しましょう。