まつげが大量に抜ける原因!正しく対策しよう

まつげが大量に抜ける原因!正しく対策しよう

まつげは定期的に生え変わるので、毎日数本は抜けるのが自然です。しかし、まつげがごっそり抜けるとなると、なにかしらの原因が潜んでいます。原因を知ったうえで、しっかりと対策を行うことが重要です。

まつげが抜ける原因は大きく2つに分けられます。1つは、まつげに直接与えられる外部刺激です。2つめは、生活習慣の乱れによる影響です。順番に見ていきましょう。

まつげが抜ける原因は外部刺激

まつげがごっそり抜ける原因は、多くは外部からの刺激です。目を擦ったり、人工毛を付けたりすることで、まつげに負担がかかります。

摩擦でまつげが抜ける

まつげは、髪の毛と比べて皮膚に埋まっている長さが短いため、摩擦には強くありません

洗顔やクレンジングのときに擦ること、うつ伏せで寝ることなどで摩擦が起こります。そのほか、アレルギーなどのかゆみで目を擦ってしまう人もいるでしょう。これらの行為は、すべてまつげが抜ける原因となるので注意してください。

人工毛の重みが負担になる

まつげエクステ・つけまつげを装着していると、重みでまつげに負担がかかります。

これらの人工毛を付けているだけで、まつげやまぶたは常に引っ張られている状態です。特につけまつげは、取り外しのときに強く引っ張るのでなおさらダメージになります。まつげエクステをしていると、まつげに負荷がかかり続けており、通常よりも抜けやすい状態です。できるだけ人工毛に頼らず、自まつげの育毛に励むことをおすすめします。

生活習慣の乱れでもまつげが抜ける

まつげが大量に抜ける原因は、直接のダメージだけではありません。生活習慣の乱れや脱毛症などの影響が、まつげまで及ぶケースもあります。偏った食事や睡眠不足、ストレスの蓄積は、まつげが抜ける大きな原因です。

栄養バランスを見直そう

食事の内容が偏っていると、まつげを作るために必要な栄養素が足りていない場合があります。また、食生活が乱れると貧血になり、摂取した栄養がまつげまで届きにくくなります。

毛の生成には、タンパク質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルといった幅広い栄養素が必要です。それぞれの栄養をしっかりとること、足りない分はサプリで補うことを意識してみてください。

睡眠不足も天敵

睡眠不足になると、まつげが抜けやすくなります。

大人になっても、眠っている間には成長ホルモンが分泌されています。成長ホルモンが分泌されるのは、深い眠りについているタイミングです。そのため、寝不足になると分泌量が減ります。成長ホルモンは毛を育てるためにも必要なので、分泌が減るとまつげが抜けることにもつながります。

ストレスによる円形脱毛症も影響

ストレスで起こる円形脱毛症も、まつげが抜ける要因です。

円形脱毛症の症状が軽いうちは、頭皮に10円玉大から500円玉大ほどの脱毛斑ができる程度です。しかし、それだけにとどまらず、症状が進行すると全身の毛が抜けてしまいます。これにより、まつげや眉毛などがごっそりと抜けます。円形脱毛症に気が付いたら、こうなる前に治療を受けましょう。

まとめ

このように、まつげが抜ける原因はさまざまです。1日に数本抜けるだけなら気にする必要はありませんが、大量に抜けるなら対策をしましょう。

負担が蓄積することで、まつげがごっそり抜けることにつながります。日常で心当たりのある人は、これらの生活を改善すること、まつげ美容液でケアすることなどが大切です。まつエクやつけまつげが手放せない人は、まつげ育毛剤で自まつげを伸ばす方にシフトすることも考えましょう。

生活習慣を改善してもどうにもならないなら、皮膚科へ行くことをおすすめします。