まつげが伸びる目薬ってなに?その正体について解説

まつげが伸びる目薬ってなに?その正体について解説

「まつげが伸びる目薬がある」と聞いても、初めて耳にした人は驚くかもしれません。しかし実際に、まつげが伸びる絶大な効果を持つ目薬があります。それは、「ルミガン」や「ケアプロスト」といった商品です。

このページでは、まつげが伸びる目薬とはなんなのか?どこで手に入るのか?といった情報を紹介します。そして、まつげが伸びる目薬が欲しくなったら、使用にあたっての注意点も確認しておいてください。

まつげが伸びる目薬とは

まつげが伸びる目薬の正体は、緑内障の治療に使われている点眼薬です。ルミガンやケアプロストといった目薬がこれにあたります。

まつげが伸びるのは緑内障の目薬

まつげが伸びる目薬とは、緑内障を治療するための目薬のことです。緑内障の目薬に含まれるビマトプロストという成分が、目の周囲に多毛化を引き起こすことがわかっています。ビマトプロストは、日本でもまつげ育毛剤として利用されている成分です。

医療用医薬品であり、病院で緑内障と診断された場合は、保険適用で処方されます。まつげが伸びる効果に注目して、美容のために使っている人も多くいます。もちろん、まつげ育毛に使う場合は保険適用外です。

まつげが伸びる目薬の種類

まつげを伸ばす目薬として挙げられるのが、ルミガンやケアプロストです。

ルミガンは国内でも生産されており、まつげ育毛の目的でも自費なら販売してくれるクリニックはあります。美容系のクリニックへ行けば、ルミガンが手に入るでしょう。

ケアプロストの場合は、海外でのみ生産されている目薬なので、ほとんどのクリニックでは取り扱っていません。ケアプロストを使いたい場合は、基本は個人輸入する必要があります。

まつげが伸びる目薬の注意点

まつげ育毛に目薬を使う場合、点眼はしないよう注意してください。処方薬なので、副作用についてもしっかりと理解しておきましょう。化粧品と同じ感覚で使うのではなく、医薬品であることをしっかりと意識して使うことが大切です。

点眼はしない

まつげ育毛にルミガンやケアプロストなどの目薬を使う際は、点眼してはいけません。元は目薬ですが、まつげを伸ばすためだけに使うなら、まつげの生え際のみに塗るのが正解です。

目の中に入ると、ビマトプロストの作用で眼圧が下がってしまいます。正常な人は眼圧を下げる必要がなく、目が落ちくぼんでしまう可能性もあるので注意しましょう。

副作用を理解しておく

まつげが伸びる目薬には、市販の目薬と違い、強い作用があります。このため、効果が高い分、副作用も起こりやすい医薬品です。目のかゆみや充血、色素沈着などの症状が出るケースがあることを理解しておきましょう。

ただし、命にかかわるような副作用はないので、心配しすぎなくても大丈夫です。

医薬品であることを忘れない

最近では、個人輸入の通販サイトでもルミガンやケアプロストが手軽に買えます。それでも、医療用医薬品であることは忘れず、使い方や副作用をしっかりと把握してから使用してください

目に異常がある人、すでに目の病気で治療を行っている人は、自己判断で安易に使ってはなりません。また、市販の目薬を使っている人でも、併用して問題ないかどうか確認しましょう。

まとめ

まつげが伸びる目薬とは、緑内障の治療に使われる点眼薬の一種です。ビマトプロストが含まれている医薬品が、まつげ育毛に効果を発揮します。メジャーな商品名で言うと、ルミガンやケアプロストです。

これらの目薬でまつげを伸ばすなら、使い方や副作用をしっかりと把握してから使いましょう。化粧品のまつげ美容液とは成分がまったく違い、効果や副作用も異なります。化粧品の感覚で安易に使うのではなく、医薬品であると認識して使うことが重要です。