まつげが目に入るトラブルには冷静に対処しよう

まつげが目に入るトラブルには冷静に対処しよう

まつげが抜けると、ふとした拍子に目の中に入ることがありますよね。指でとるのは難しく、なかなか出てこないケースもあります。

まつげが目の中に入ったとき、多くの人が強くこすって無理やりとろうとしがちです。目の中にまつげがあると、不快感や痛みを感じますが、焦って対処するのは危険です。

目をこすると眼球の表面に傷が付き、保護機能が低下します。また、目の中に指を入れてまつげをとると、爪などで表面が傷付くのでやめましょう。眼球が傷つくと、結膜炎などの眼病にかかりやすくなります。

また、デリケートなまぶたを強くこすると、茶クマができやすくなります。そのほか、まぶたの皮膚に炎症が起こったり、皮が剥がれたりといったことも起こるでしょう。眼病だけでなく、目の周りの皮膚にも悪影響なので、目をこすってまつげをとるのはやめてください。

まつげが目の中に入ったら、冷静に対処することが大切です。いくつかの方法を知っていれば、目元を傷つけずにまつげを取り出せます。

まず1つめの方法は、まつげが自然に出てくるまで放置することです。まつげが目に入っても痛みがない場合は、涙とともに自然に流れ出るのを待てば大丈夫です。

ここで、「放っておくとまつげが目の裏側に入り込んでしまうのでは?」と不安に感じる人もいるでしょう。しかし、目の裏側に入った毛が出てこなくなることは、構造からしてあり得ません。まぶたの裏にある結膜が、目の裏側に異物が入らないよう阻止しています。結膜が大きく損傷していない限りはその道を通れないので、例えまぶたの裏に毛が入っても戻ってきます。

どうしてもかゆみや痛み、不快感を感じるようなら、洗眼薬や人口涙液タイプの目薬で洗い流しましょう。洗眼薬や目薬なら、涙の代わりとなってまつげや汚れを洗い流してくれるので便利です。それらを準備できない場合、綺麗な水で目を洗ってください。水道水は好ましくありませんが、不快感を放置するよりはマシです。目を洗い流すときも指でこすらず、まばたきをパチパチと繰り返してまつげを出してください。

病院から処方された眼病用の目薬を使っている人もいるかと思いますが、まつげを取り出すときに使うのはやめておきましょう。眼病用の目薬は、1日の使用量が決められています。それを超えて大量に点眼すると、目に悪影響を与える可能性があるので危険です。

外出先で目薬がない、メイクをしていて目が洗えないといった際は、綿棒やティッシュを使いましょう。綿棒やティッシュを綺麗な水で湿らせ、まつげが入った部分を優しく拭い、まつげを除去します。指や爪には雑菌が多く付着しているので、目には直接触らず、こうしたアイテムを駆使するのが賢明です。

まつげが目に入ると痛みや不快感で焦り、つい目を強くこすりがちです。それは避けて、まずは鏡で目の中を確認し、丁寧に取り出しましょう。