まつ毛ダニの恐怖!5人に1人はまつげにダニがいる!

まつ毛ダニの恐怖!5人に1人はまつげにダニがいる!

まつ毛ダニとは、その名の通り、まつげの毛穴の中に寄生しているダニです。日本人では、5人に1人がまつ毛ダニに寄生されていると言われています。まつ毛ダニは少数では害を及ぼしませんが、異常に増えてしまうとさまざまな症状を引き起こします。

このページでは、まつ毛ダニとはなにか?といった特徴などを解説します。また、まつ毛ダニが引き起こす症状や繁殖しやすい条件も紹介。さらに、まつ毛ダニへの対策も知っておきましょう。

まつ毛ダニとは

まつ毛ダニは、人間の顔の毛穴に寄生しているダニです。数が少なければ問題ありませんが、増殖することで害を及ぼします。

日本人の5人に1人がまつ毛ダニに寄生されていると言われており、意外と身近な寄生虫です。まつ毛ダニが寄生しているかどうかは、眼科へ行けば確かめてもらえます。

まつげの毛穴にダニがいる

「まつ毛ダニ」とは、まつげの毛穴に寄生するダニです。ホコリの中にいるダニとは異なり、人の顔の毛穴に住み着いています。「毛包虫」や「デモデックス(Demodex)」とも呼ばれる寄生虫です。まつげの生え際がかゆい場合は、まつ毛ダニが原因かもしれません。

まつ毛ダニは、数が少なければ無害だとされています。しかし、ダニが異常に増えると、アレルギーを引き起こす原因となるので注意が必要です。

意外と多くの人が寄生されている!

まつ毛ダニは、知らないうちに多くの人に寄生しています。

まつ毛ダニは、日本人の5人に1人には寄生していると言われています。また、40代の人になると、2人に1人はまつ毛ダニに寄生されている可能性があります。

男性よりも女性の方が、寄生率が高いのも特徴です。女性は日々メイクをしているので、まつ毛ダニが繁殖しやすい状態になっています。

まつ毛ダニの寄生を調べる

まつ毛ダニに寄生されているかどうか心配になったら、基本は眼科へ行って検査してもらいましょう。

まつ毛ダニが寄生しているかどうかは、まつげを抜いて顕微鏡で見るとわかります。非常に小さい生き物なので、肉眼では確認できません。そのため、病院へ行って調べてもらう必要があります。

自宅で確認できることは、まつげにフケが付いていないか、目ヤニが増えていないかなどです。また、ほかの症状も併せて確認しておきましょう。別の眼病である可能性もありますが、異変を感じたらまつ毛ダニかもしれません。

まつ毛ダニが起こす症状

まつ毛ダニによる症状に多いのは、目のゴロゴロ感や炎症、かゆみです。

毛穴が炎症を起こすことで、まつげが抜けやすくなります。また、かゆみで目をこすってしまい、周りの皮膚が荒れたり、まつげが抜けたりもします。目元に違和感がある、まつげの生え際がかゆいといった場合は注意しましょう。

まつ毛ダニが繁殖しやすい条件

まつ毛ダニは、酸化したアブラを好む傾向があります。

まつ毛ダニが繁殖しやすくなる行為は、メイクを落とさず寝てしまうことです。メイクの際、粘膜のギリギリまでアイラインやマスカラを塗っている人も、ダニが発生しやすくなります。また、つけまつげが汚れた状態で使い続けるのも危険です。

メイクをしない人でも、皮脂が多いとまつ毛ダニが繁殖しやすくなります。特に40代以上の人は油断せず、メイクをしていなくてもきちんと洗顔しましょう。

まつ毛ダニの予防・対策

寄生しているダニは除去が難しいので、なによりも予防が大切です。

まつ毛ダニを繁殖させないためには、普段から目元を清潔にしておくことが重要です。洗顔やクレンジングは毎日きちんと行いましょう。濃いアイメイクをしている人は、特に注意して目元を洗ってください。ウォータープルーフのアイラインやマスカラは落ちにくいので、専用のクレンジングを使って落としましょう。

最近では、目元のお手入れに使える「アイシャンプー」というアイテムがあります。まつ毛ダニや眼病の予防によいので、普段から目元が荒れやすい人におすすめです。

まつ毛ダニが寄生してしまったあとでも、同じような対策をおこないます。

まつげ付近を清潔にして、まつ毛ダニが退散してくれるのを根気よく待ちましょう。

まとめ

まつ毛ダニとは、まつげの毛穴に寄生しているダニの呼び名です。数が少なければ無害ですが、異常に増えるとアレルギーなどの原因となります。まつげダニが増殖すると、炎症やかゆみにより、まつげが抜けやすくなります。

まつ毛ダニは酸化したアブラを好むので、目元を清潔にしておくことが大切です。メイクをしている人はしっかりと落とすことはもちろん、ノーメイクでも洗顔は怠らないようにしましょう。

まつ毛ダニは身近な存在なので、他人事とは思わずにしっかりとケアしてください。目元を清潔に保っていれば、まつ毛ダニに寄生される心配はありません。