まつげパーマをかけたらマスカラNG?フィルムタイプなら使える!

まつげパーマをかけたらマスカラNG?フィルムタイプなら使える!

まつげパーマをかけると、まつげが綺麗にカールするのがメリットです。その反面、単にカールをつけるだけなので、ボリュームはあまり出ません。かといって、まつげパーマをしたのにマスカラを塗ると、せっかくのカールが落ちやすくなるのではないか?という懸念もありますよね。

まつげパーマをかけたら、できるだけマスカラをしない方がよいと言われています。その理由は、まつげ用のパーマ液とマスカラの相性が悪いからです。パーマをかけたあとは、液でコーティングされたまつげの表面は滑りやすくなっており、マスカラが定着しません。そして、マスカラを塗るとクレンジングをするので、液も落ちやすくなります。マスカラをすると、まつげパーマの持ちが悪くなるでしょう。

とはいえ、やはりマスカラでボリュームアップしたい人も多いと思います。まつげパーマの上からマスカラを塗りたい人は、マスカラの種類に気を付けましょう。

まつげパーマをかけているなら、フィルムタイプのマスカラがおすすめです。フィルムタイプはお湯で落ちるので、クレンジングをあまり使う必要がありません。クレンジングをたっぷり使ってゴシゴシこすると、まつげパーマは落ちやすくなります。簡単に落とせるフィルムタイプのマスカラは、強くこすらなくても落とせるので、まつげパーマにも優しいアイテムです。

また、フィルムタイプのマスカラは、まつげの表面にフィルムを作ってくれます。耐水性のフィルムでまつげをコーティングし、汗や水にも負けないタイプもあります。落とすときは簡単ですが、汗や水に強いので日中も安心です。にじみ・パンダ目を気にせず、1日中まつげが美しく保たれます。

また、まつげパーマをかけると毛が傷むため、フィルムタイプで美容液の含まれるマスカラなら完璧です。パーマをかけるとまつげが綺麗に上がるので、ぱっと見ただけでは美まつげに見えるでしょう。しかし、まつげのキューティクルはダメージを受けており、パサついている状態です。

傷んだまつげを修復するためには、ケアを怠らずに続けなければなりません。マスカラに美容液が入っていれば、メイクのついでに自然とケアできます。マスカラもまつげが傷む原因になりますが、それを回避できるのが美容液入りのタイプです。

まつげパーマをかけたら、基本はマスカラを塗らない方が長持ちします。マスカラでボリュームを出したい人は、お湯で簡単に落ちるフィルムタイプを選びましょう。美容液入りならケアも同時にできます。