まつげにこだわりを持つ人は良質なサロンへ行こう

まつげにこだわりを持つ人は良質なサロンへ行こう

まつげにこだわりを持って、マスカラやビューラーでしっかりとメイクをしている女性は多いかと思います。しかし、どんなにメイクをがんばっても、「思っているほどボリュームが出ない」「汗で落ちしてしまう」という悩みもあるでしょう。そんな人におすすめなのが、まつげにこだわったサロンです。

まつげエクステ・まつげパーマを施してくれるサロンは、全国各地に数多くあります。しかし、残念ながら質の悪いサロンが多いことも事実です。アイリストの腕が悪かったり、使っているエクステの品質が低かったりするケースがあります。では、どのようなサロンでエクステやパーマを施術してもらうとよいのでしょうか?

サロンを選ぶポイントはいくつかあります。エクステの素材がよく、アイリストの技術レベルや安全性が高いことは必須です。まつげパーマを受ける場合は、自まつげに優しく、できる限り傷めないパーマ液を使っているサロンを選びましょう。加えて、カウンセリングが丁寧で、目の形や本人の希望にぴったりのエクステやパーマを提案してくれることも大切です。

エクステの素材には、シルク・ミンク・セーブルの3種類があります。個人の好みもありますが、最も質が高くて自まつげに近い素材はセーブルです。セーブルを扱っているサロンなら、最低限の質は保障されていると考えてよいでしょう。また、最新のまつエクとして、フラットラッシュという種類があります。とても軽くて柔らかい素材で、長持ちするのが特徴です。こういった最新の素材を取り入れているサロンも、こだわりがあって良質なサロンだと判断できます。

まつげパーマのサロンを選ぶポイントは、どれだけ自まつげを傷めないように施術をしてくれるかです。サロンによっては、アイシャンプーやアイパックを施してくれます。さらに、ヒアルロン酸などでトリートメントしてくれるサロンもあります。このように、自まつげを傷めないようにこだわっているサロンなら、安心してパーマを受けられるでしょう。

まつげを美しくするためのサロンはたくさんあります。良質なサロンなら料金も高くなりますが、自まつげにできる限り負担をかけないことは大切です。あまりにも高額なサロンでは通うのが難しくなるので、料金と質をしっかりと見極めましょう。

まつげへのこだわりが強い人ほど、あらゆる手段でボリュームアップすることにより、まつげを傷めてしまっている可能性があります。華やかな目元を保つためにも、自まつげを労わることも意識してみましょう。