まつげ美容液の役割はまつげの保護と毛質の改善

まつげ美容液の役割はまつげの保護と毛質の改善

まつげ美容液の役割は、まつげの保護と毛質の改善です。まつげを伸ばしたり生やしたりといった、直接的な効果はありません。

まつげ美容液を使う理由は、髪の毛にコンディショナーを使うことと同じです。まつげの傷みをケアし、目ヂカラのアップにつなげましょう。

まつげ美容液の役割

まつげはキューティクルに覆われており、これが剥がれたり開いたりすると傷みます。キューティクルの修復をサポートしてくれるのが、まつげ美容液の役割です。

キューティクルが剥がれて傷む

まつげは髪の毛と同じような構造をしており、細かなウロコ状のキューティクルに覆われた構造をしています。キューティクルが剥がれてしまったり開いたりしていると、内部から水分が損なわれます。その結果、パサつきや切れ毛などのトラブルが起こるのです。

キューティクルの修復をサポート

まつげ美容液には、保湿やキューティクルのサポートに役立つ成分がたっぷりと配合されています

このため、まつげ美容液でしっかりとケアをすることにより、切れ毛などのトラブルが解消されます。まつげがもともと強く傷んでいた場合、ボリュームアップも望めます。また、まつげにツヤが取り戻されると黒さが際立ち、目元がグッと華やかになるでしょう。

まつげ美容液が必要なワケ

まつげが傷むと、髪の毛よりもすぐに薄さがわかってしまいます。髪の毛をコンディショナーで保護するように、まつげも美容液でトリートメントしましょう。

まつげの傷みは影響が出やすい

まつげは髪の毛ほど長く伸びないので、抜け毛や切れ毛などの問題が生じると、髪の毛よりもすぐスカスカになります。本来なら6mmまで伸びるはずのまつげが、3mmになってしまえば、それだけで目力が損なわれてしまうでしょう。

また、水分を失ってパサついた毛先は、表面が荒れて白っぽく見えます。多少白っぽくなってしまっても、マスカラでカバーできますが、できれば本来の美しいまつげを取り戻したいものですよね。

髪のようにトリートメントする

まつげも、髪の毛と同じように毎日トリートメントしましょう。

髪の毛の場合は、お風呂でシャンプーしたあと、コンディショナーも使ってキューティクルを保護するのが一般的ですよね。しかし、まつげには特に何のケアもしていない人が多いでしょう。きちんとケアされていないまつげは、ダメージヘアの毛先と同じように、キューティクルが傷んだ状態です。

洗顔やメイク、クレンジングなどにより、まつげは常にダメージを受け続けています。とはいえ、洗顔やメイクなどを全くしないわけにはいきません。まつげのダメージを最小限に抑えるためには、まつげ美容液で適切にケアを行い、キューティクルを美しく保つことが大切なのです。

まとめ

まつげ美容液の役割は、まつげを保護し、毛質を改善することです。傷んだまつげを修復し、切れ毛などのトラブルを解消してくれます。

まつげは髪の毛ほど長くないので、切れ毛などで短くなるとすぐに影響が出ます。目ヂカラが半減するので、きちんとケアしましょう。髪の毛を洗うときに毎日コンディショナーを使うように、まつげも美容液でトリートメントする必要があります。