アイシャンプーでまつげと目元を綺麗に!普通のシャンプーとは違う

アイシャンプーでまつげと目元を綺麗に!普通のシャンプーとは違う

アイシャンプーとは、目元を洗うために作られたシャンプーです。毎日アイメイクをしっかりしている人は、メイクをきちんと落とせているのかどうか注意しなければなりません。メイク落としが不十分だと、目に雑菌が入ったり、まつげが傷んだりする原因になります。これらの問題を防ぐためには、メイク落としだけではなく、アイシャンプーを使ってまつげの汚れを落とすことも大切です。

とはいえ、「アイシャンプーのことはよく知らない」「普通のシャンプーと何が違うの?」と思う人も多いでしょう。アイシャンプーは目・まつげのことを考えて作られています。そのため、髪の毛に使うシャンプーとは、成分などの点で違いがあります。なぜなら、そもそも頭皮とまつげでは、汚れの原因が異なるからです。また、通常のシャンプーでは目元への刺激が強すぎるので、粘膜に付着しても痛くならない工夫をする必要があります。これらの違いに配慮して生まれたのが、まつげ専用のアイシャンプーです。

まつげや目元のケアをするときに覚えておきたいのが、マイボーム腺の働きです。マイボーム腺は、まぶたの裏側にあり、目が乾かないように油分を供給する役割を担っています。マイボーム腺に汚れがたまると、油分を補給する働きが弱まり、目が乾きやすくなってしまいます。これによって起こるのが、かゆみやドライアイなどの症状です。メイク落としや洗顔を丁寧に行っているつもりでも、アイメイクの汚れは少しずつ溜まっていき、マイボーム腺をふさいでしまいます。だからこそ、アイシャンプーを利用し、マイボーム腺を綺麗にしておくことが大切です。

では、実際にアイシャンプーを利用する場合には、どのような使い方をすればよいのでしょうか。まず、メイクをしている人は、メイク落としで先に汚れを落としましょう。メイク落としが一旦済んだら、適量のアイシャンプーを手に取り、まつげを優しく洗っていきます。このとき、汚れを隅々まで落とせるように、丁寧にマッサージをしていく感覚で行いましょう。細かい部分の汚れが気になるなら、綿棒を使うのもひとつの手です。最後に洗い流したら、アイシャンプーを使うステップは終了です。

通常の洗顔料は、アイシャンプーの前後どちらで使ってもかまいません。自分がやりやすいタイミングで洗顔しましょう。アイシャンプーの使い方の詳細は、商品ごとの説明に記載されています。実際にアイシャンプーを購入したら、最初に使用上の注意を確認してください。アイシャンプーを正しく使って、まつげと目元を綺麗に保ちましょう。