まつげや二重幅は目ヂカラを強めるために重要なパーツ

まつげや二重幅は目ヂカラを強めるために重要なパーツ

目ヂカラの強さは、生まれつきある程度決まっていますが、努力次第で高めることもできます。メイクで少しの工夫をするだけでも、驚くほどパワフルな目元になります。目ヂカラを強めるために重要なパーツは、まつげと二重のラインです。それらのパーツに加えて、顔全体のメイクのバランスも大切です。

まつげは、基本は下向きに生えています。ホコリなどが目に入るのを防ぐためのパーツなので、目を守るために下向きに生えるのは当然と言えるでしょう。しかし、まつげが下を向いたままでは、目ヂカラを強調できません。そこで、ビューラーやマスカラを使ってまつげを上に向けます。まつげの根元からビューラーでしっかりとカールさせ、マスカラ下地で固めます。その上からマスカラを塗れば、パッチリとした目元の完成です。

もうひとつ重要なパーツは二重です。二重の幅が広ければ目が大きく開き、目ヂカラが強くなります。整形をしなくても、二重ノリやテープを使うことで、二重の幅は広げられます。

テープの質感はメイクに馴染みにくく、加えて剥がれやすいのが難点です。このため、二重ノリを使うことをおすすめします。メイクの前にスキンケアをして、肌の水分がなくなったところで、まぶたのラインを作りたい部分に二重ノリを塗りましょう。半乾きで粘着力が出てきたら、プッシャーで2回か3回ほどラインを押し込んで整えます。ノリが完全に乾いてから、メイクをスタートしてください。

二重幅を広く見せるためには、アイラインの引き方も重要です。黒でガッツリと囲むのではなく、ブラウンやボルドーで控えめに引きましょう。二重幅が狭いことが気になるなら、目頭までラインを引かず、黒目の上から目尻の方にだけラインを入れてみてください。アイラインを引きすぎないことも、二重幅を広く見せるポイントです。

このように、目元のメイクは目ヂカラを強めるためにとても重要です。しかし、顔全体のメイクも重要であることを忘れてはいけません。

せっかくアイメイクをがんばっても、顔全体がアンバランスだと目が大きく見えません。目ヂカラを引き立てたいなら、眉毛をしっかりと書くことも大切です。眉毛が薄すぎると少し間抜けな顔になってしまうので、自分の髪に合ったカラーできちんと書きましょう。

また、目に近い頬には、チークを入れすぎないようにしてください。濃い赤やピンクのチークがガッツリと入っていると、アイメイクよりも目立ってしまいます。チークは薄くして、ナチュラルな頬の色になるように意識しましょう。

目ヂカラを強めるためには、まつげや二重の幅といったパーツが重要です。それに加えて、目に近い眉毛や頬のメイクも目元の印象に関係しています。顔全体のバランスを意識しながら、目ヂカラを引き立てるメイクをしましょう。