目力を強くするメイク法を伝授!

目力を強くするメイク法を伝授!

目の印象で顔の雰囲気はガラリと変わります。目元のメイクひとつで、明るくて華やかな印象を与えたり、暗いイメージを与えたりします。

以下より説明する方法は、目力をアップさせ、相手に明るい印象を与えるためのアイメイク法です。まぶた・まつげの2つの部位に分けて、メイク法を見ていきましょう。

目力を上げるまぶたのメイク法

目力を強くするためには、まずアイシャドウとアイライナーでまぶたにメイクを施しましょう。アイシャドウで陰影を作ったあと、アイラインで目をくっきりとさせることが大切です。

アイシャドウ

自然な感じで目を大きく見せるためには、アイシャドウを駆使していきましょう。

まず、ラメがあまり入っていないブラウンのアイシャドウを、上まぶたのアイホールになじませてください。ブラウンのアイシャドウにすることで、自然な陰影を演出できます。目尻の色を少し濃くすることにより、目力が引き出されます。

さらに目力を強くしたいなら、下まぶたの目尻から黒目のあたりまでにも、濃いブラウンのアイシャドウをなじませましょう。

アイライン

目力をアップさせるためには、2種類のアイライナーを使います。ペンシルライナーでまつげのすき間を埋めたあと、リキッドライナーを追加しましょう。

ペンシルライナーで埋める

上まぶたのアイラインは、ペンシルアイライナーで目頭から目尻にかけて少しずつ、まつげの間を埋めるように引きます。一通り引けたら、今度は下まぶたの目頭から目尻にかけてアイラインを引いていきましょう。

粘膜部分はデリケートなので、アイラインを引くときは絶対に触れないように気を付けてください。粘膜部分に触れてしまうと、場合によっては目に炎症が起こります。

リキッドライナーで切開ライン

まつげのすき間をペンシルライナーで埋めたあとは、リキッドアイライナーを使って、目頭切開のラインを描きましょう。

このように、目頭の部分にラインを追加することで、目をさらに大きく見せることができます。自然と大きい目に見せるためには、あまり大げさにラインを引かないことが重要です。

目力を上げるまつげのメイク法

目力を強くするためには、ビューラーでまつげのカールを作りましょう。ビューラーを3段階に分けて施すと、自然なカールになります。さらに目力アップを求めるなら、下まつげをアイライナーで描くという裏ワザもあります。

ビューラーでカーブを作る

まつげを上げると目が大きく見えるので、ビューラーでまつげのカーブを作ることは大切です。

自然なカーブを作りたい場合は、まつげの根元、真ん中、先端と3回に分けて上げていくとよいでしょう。根本を曲げるときに一番力を入れ、真ん中では少し力を抜いてカーブを作っていきます。仕上げにマスカラを塗ると、まつげのカールを保ちやすくなります。

下まつげは書く

下まつげが少ない人は、毛を書き足して目を大きく見せるワザもあります。

ブラウンのアイシャドウを軽く下まぶたに入れてから、ブラウンのリキッドアイライナーを使って毛を1本ずつ書きましょう。黒目の下のあたりから目尻にかけて、まつげの本数を増やしていく感じで毛を少しずつ描き足します。

下まつげが濃すぎるとわざとらしいので、様子を見ながら少しずつ描いてください。真下に描くよりも、放射状になるように描いていくと自然です。最後に、自分のまつげにマスカラを塗って完成です。

まとめ

メイクで目力を強くするためには、まぶたとまつげのメイクが重要です。まずは、ブラウンのアイシャドウでベースをしっかりと作りましょう。アイライナーはペンシルとリキッドの2種類を使い、目のラインをくっきりと書くことが大切です。

まぶたのメイクができたら、今度はまつげに取り掛かりましょう。ビューラーを3段階に分けてまつげを上げることで、自然なカールが作れます。さらに目力がほしいなら、下まつげをブラウンのライナーで書き足すワザがおすすめです。